熊本のイチモンジタナゴはいずこ!?江津湖?

この記事は約 3 分で読めます。投稿から 11か月。最終更新から 11か月経過。
作成に約 46 分かかりました。
お魚ガチが書きました
すまら

自然大好き一家で自然保護協会家族会員。自然観察指導員 。熱帯魚はベタ、日本淡水魚はタナゴその他を20本以上の水槽で飼育中。
このブログはAmazon他のサービスを通じて収入を得ています。

すまらをフォローする
広告が飛び跳ねます

熊本のイチモンジタナゴは国内外来種

水辺のインフォメーションセンターのイチモンジタナゴ

イチモンジタナゴはそもそもは琵琶湖に在来で生育したタナゴです。湖鮎漁の邪魔になるほど沢山いたらしいですが、今は琵琶湖ではほぼ絶滅だそうです。80年代にはもう激減していたとのことでその理由はブラックバスとブルーギルとされています。

その貴重なイチモンジタナゴですが、九州では熊本の江津湖・緑川水系に国内外来種として増えています。江津湖では流れがありバスが少ない上江津湖に多いです。

上江津湖でイチモンジタナゴが泳ぐ様子を見ていると、いち早く琵琶湖でバスに食害された理由が思いつきます。イチモンジって岩の周りで食事に夢中で結構目立つんですね。群れているようで群れていない。

イチモンジタナゴ
江津湖のイチモンジタナゴ

イチモンジタナゴは本来は止水系のタナゴとされており、河川のワンドやたまりなどに流れの無いところに適応しています。完全な溜池でも繁殖しています。

しかし、江津湖では流れのある所で生育・繁殖しています。湖っぽく流れが無いところにはブラックバスやブルーギルがいますからね。

熊本のイチモンジタナゴは湖鮎の放流で緑川水系に入ったと考えられています。80年代には移入していたそうです。主な産卵対象はドブガイなどなのでバラタナゴと競合しています。生育環境ではヤリタナゴやセボシタビラと競合しており、在来タナゴへの影響は確実に存在していており、増えすぎは問題です。

本来の生育地にはほとんどいないのに、熊本では増えて問題になるという複雑な立場にいるタナゴです。国内外来種とは何か?と考えさせられます。

熊本市の江津湖周辺で確実に見たいなら、熊本市動植物園の水辺のインフォメーションセンター(無料)で確実に見れます。フィールドで見たいなら、流れがあり少し浅く綺麗なところを探してください。

熊本市動植物園には魚も展示「水辺のインフォメーションセンター」に行ってきた
江津湖のすぐ近くに新しいお魚スポットが誕生しています。その名も水辺のインフォメーションセンター。 みーくん 江津湖に行くならぜひ立ち寄りたい新おさかなスポットの紹介です。今回はセンターによった後にカヌ...
広告が飛び跳ねます

釣れたイチモンジタナゴ

イチモンジタナゴ
江津湖のイチモンジタナゴ。釣れた。

イチモンジタナゴの外見上の特徴は側線です。追星は発達しやすいですが、髭は短いタイプのタナゴです。体形は細長く、タナゴをよく見る人はすぐイチモンジと判別できます。シルエットではタナゴとオイカワ類との中間って感じですかね。

釣る場合は、エサには活発に食いつきますし、サイズ的にも釣りやすいです。

美しいタナゴ
広告が飛び跳ねます

飼育水槽

イチモンジタナゴは飼育はさほど難しくないです。ナワバリは主張しますが、アブラボテほどではありません。エサも活発に食べるし特段に弱い印象もありません。

ただ、飼育環境ではほとんど産卵管が伸びないので繁殖は難しいです。ヤリタナゴとかと同じ感覚です。

熊本でイチモンジタナゴを釣るには?

論文:https://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/2010832289.pdf

イチモンジは緑川水系にいます。江津湖周辺から探したらいいです。浮島神社周辺にもいます。

活発な時期は4月から7月ですね。

熊本でタナゴを探すなら、イチモンジをぜひ見つけてみてください。


タナゴハンドブック
文一総合出版
¥1,540(2024/03/01 01:28時点)

他の熊本記事

水質抜群の熊本六嘉湧水群でカヌー(パックラフト)で自然観察!
六嘉湧水群とは? 六嘉湧水群は何度も行ったことがある、熊本にある日本百名水の湧水地帯です。全部で12個の水源があります。 以前の記事はこちらになります。 パックラフトで悠々と抜群の水質を楽しむ 泳いだ...
熊本へタナゴ釣りのポイント探しの結末、カゼトゲタナゴとバラタナゴが釣れた
3回目の熊本タナゴ釣り これは江津湖。ボート借りて父と弟が乗りましたよ。自分は魚観察。稚魚が沢山泳いでいてビックリ。 今まで二回熊本へタナゴ釣りへ行きました。釣れたタナゴはアブラボテのみで、目的のイチ...
熊本県、緑川水系(江津湖・浮島神社・周辺水路)にタナゴ釣りに行って釣れたのは?
熊本県内に生育するタナゴの種類は? まず、熊本県内のタナゴについて記載します。 熊本県の熊本市周辺は湧水が多く、さらに水田が多いためにタナゴに適した環境です。全国的にも数や種類が多いことで知られていま...
熊本市動植物園には魚も展示「水辺のインフォメーションセンター」に行ってきた
江津湖のすぐ近くに新しいお魚スポットが誕生しています。その名も水辺のインフォメーションセンター。 みーくん 江津湖に行くならぜひ立ち寄りたい新おさかなスポットの紹介です。今回はセンターによった後にカヌ...