超簡単!水槽の水量計算機(床材や塩の量も)

この記事は約2分で読めます。

水槽というのは実際水を入れてみると予想より水量が少なかったりします。特に何が問題かというと薬や塩の量が結構違うので注意が必要です。

その原因は水槽のガラスの厚みや、水面までの空間などに起因します。水槽のサイズはたくさんあり、中々わかりにくいものですのです。更に見落としがちなのは水面までの余裕やレイアウト素材、水量からマイナスする必要があります。特に小型水槽の場合、単なる水槽サイズで判断すると塩の量などがかなり変わります。なので計算フォームを作ってみました。計算では判断するのは以下です。

  • 単純計算での水量
  • 厚みや水面までの高さを反映した実際の水量
  • 貯水率
  • 水槽のサイズに必要なソイル・大磯砂の量
  • 必要な塩や薬の量
  • 必要な熱帯魚用ヒーターのワット数

例えば60㎝規格水槽のガラス厚4mm、水面の余裕5㎝の場合は単純計算で64.8リットルですが、実際の水量は52.9リットルとなります。その差は11リットルもあるのです。ついでにソイルの量や大磯砂の重さも計算できますが、購入の目安量というだけで水量計算には影響しません。水量計算は床材やレイアウト素材が全くない状態での水量です。

さらには塩水浴する際の投入する塩の量や、薬、バクテリア材やカルキ抜きの厳密な量の計算も可能です。

※一部簡易的な計算も含まれているので、微妙に違う数値が出る可能性があります。

※大さじは精製円18g、粗塩15gと違いがあるので注意してください。この計算では粗塩15gで計算します。

※ガラス厚の目安、45㎝水槽5mm、60㎝水槽6mm、90㎝水槽10mm、120水槽12mm

↑ここに計算入力フォームが読み込まれるはずですが、エラーにより出ない場合があります。

スポンサーリンク

水槽の水量計算機

水槽とヒーター、電気代リスト

水槽サイズ実際の水量
水面3cm
ヒーター消費電力月間平均冬の月間電気代年間の電気代
20㎝キューブ6L20W252円454円3024円
30cm横長11.8L50w631円1135円7569円
30㎝キューブ水槽22.3L
80W1009円1817円12111円
60㎝ 規格水槽55L160W2018円3633円24219円
90㎝(90*45*45)155L200w2523円4541円30276円
120㎝204L300w3785円6812円45417円
※電気料金は2023年1月の東京電力の数値を使用。
※電気料金30.5円、再エネ賦課金3.45円、燃料調整費8.1円
※ヒーター稼働時間は夏2時間、春秋10、冬18時間

水槽サイズと塩の量のリスト

水槽サイズ実際の水量
水面3cm
0.3%0.5%0.7%
20㎝キューブ6L18g30g42g
30cm横長11.8L35g59g83g
30㎝キューブ水槽22.3L
67g112g157g
45㎝水槽(45*24*30㎝)26.8L
80g134g188g
60㎝ 規格水槽55L165g276g387g
90㎝(90*45*45)155L466g778g1092g
120㎝204L613g1025g1438g
スポンサーリンク

他の計算ページ

最新の研究結果による犬の年齢、人間換算
DNAの変化量を基準とした犬の年齢換算犬のDNAの変化量を人間と対比して人間に換算する計算式が新しく発表(2019年)されました。104匹の大型犬のレトリバーの調査ですので、大型...
タイトルとURLをコピーしました