底面フィルターの大掃除してわかった、確かに最強かも。

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

3年目の60㎝規格水槽

カゼトゲメインの底面フィルター+上部フィルターの水槽

3年目の60規格水槽です。カゼトゲタナゴが10匹以上、ヤマトシマドジョウが5匹、ミナミヌマエビ大量、カワヒガイ、石巻貝の水槽です。

この水槽は底面フィルターと更に上部フィルターを組み合わせています。底面がバクテリアによる生物浄化を担い、上部が物理浄化を担当させているイメージです。

底面は床材を濾材として上部はコットンフィルターをろ過材としています。この組み合わせは、最強とも思えるバランスの良さでこの水槽は1カ月に1回の1/3の水替えで絶好調です。底面フィルターは水中ポンプで稼働させています。

この水槽も3年目を超え、流石に床材に溜まる活性汚泥が増えてきたので大掃除をやろ言うと思います。

底面フィルター大掃除の流れ

水を半分抜いた水槽。
  • レイアウト素材を取り出し水を半分の抜く、後に戻すために捨てない
  • 生体をすべて網で捕獲する。生体は半分抜いた水に入れておく。
  • 残った水を限界まで抜く。
  • 底面フィルターを取り出し、洗う
  • 床材を汚れが出なくなるまで濯ぐ
  • 水槽を設置場所に置く
  • 抜いた水の半分を戻す
  • 生体を戻す
  • 新しい水を半分入れる

水槽のリセット並みの大掃除をする場合に一番気をつけるべきことは、新環境で白濁りを発生させないことです。そのためにはなるべく旧環境の水を残して余分なゴミや活性汚泥だけを取り去ることです。今回は約半分の水を新環境に繰り越しました。あくまでリセットではなく、大掃除なのです。

このような作業に必要なのは大きなバケツというか桶です。ホームセンターなどで30リットルクラスの大きなバケツを用意してください。

生体を一時隔離。でもミナミヌマエビは難しい。可能な限り捕獲。

底面フィルターでも3年たったらドロドロ?

あれれ、底面フィルター全然目詰まりしてなかった。ピンボケでごめん。

水を抜いて底面フィルターが出てきましたが、全然汚れて無かったです。ドロドロとしたデトリタスでの目詰まりしは全く皆無でした。ホースで掘るとゴミが沢山浮いてくるので、予想では恐ろしいほど汚れているはずだったのに、拍子抜け。

床材を濯ぐと真っ黒。

底面フィルターは綺麗でしたが、床材からは大量の汚れが出てきました。デトリタスとか活性汚泥と言われるバクテリアの住処となっている汚れです。

3回ほどすすいだら綺麗になりました。

底面フィルターには大磯砂が少し詰まっていたので取り除く。フィルター自体は驚くほど綺麗。
床材を思う存分大掃除する機会。納得するまで濯いで汚れを落とす。
底面フィルターは全面をカバーする必要はない。

この底面フィルターは全面をカバーしていません。

全面だと大掃除の時は床材をすべて一度水槽から取り去る必要がありますが、2/3程度にしておけば水槽を上手く傾けるだけでokです。

時間をおいて沈殿させてみた。それにしても大量の活性汚泥。

3年も経てば大量の活性汚泥が床材に溜まってます。これだけ溜まれば掃除ホースでいくら床材掃除してもキリがないはずです。この汚泥は汚れではありますが、大量のバクテリアが住んでいるので水質安定させる縁の下の力持ち。しかし、たまりすぎたら水の通りが悪くなり、問題を引き起こします。

んで、新しい水槽へとよみがえる

写りこみ凄いけど、綺麗になった水槽。

床材がリセットされたことで水質が一段と良くなりました。心なしかカゼトゲタナゴ達も活発になってます。

お買い物

底面フィルターってやっぱり最強な気がする

底面フィルターほど低コストで効果の高いフィルターは無い。確かに最強かも。3年目なのに、あれこのくらいしか汚れたまってないの?って感じでした。

省スペースで床材の生物濾過を最大限に発揮。

大掃除は少なくとも3年くらいはする必要はないでしょう。生体数によってはもっと大丈夫でしょう。

問題となるのは活性汚泥が増えすぎて微粒子が水中を漂い、水の透明度が下がることでしょう。水替えしても微粒子が多いなと思ったら底面の大掃除したらいいのではないのかな。

そしてそして底面と上部の組み合わせ(連結ではない)はさらに最強度が増します。

タイトルとURLをコピーしました