セキショウモ(バリスネリア)の紹介&トリミング方法

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

タナゴ水槽がタセキショウモだらけ

トリミングの方法は二種類

セキショウモ(バイスネリア)はいくつかの種類がありますが、種類により葉の幅が広かったり狭かったり、ねじれたりします。ホームセンターで買ったアクアリウムでバリスネリアという名で流通していたものです。葉の先端がよく見ると尖っているのでコウガイセキショウモではないっぽい。

セキショウモの数が少ないなら、伸びすぎた葉や傷んだ葉を根元から切ります。この方法だと、葉の先端が自然に丸い状態なので見栄えが良く可愛いです。

めんどくさい時は一定の長さで切りそろえます。トリミング用のハサミでザクザク切ればokです。先端

切った葉はピンセットや網ですくいます。念入りに掬いましょう。

セキショウモは丈夫でランナーを出してどんどん増えます。水温が高い時期は長くなりますが、冬はさほど伸びません。成長が早いので遠慮なくトリミングした方がイイ水草です。
床材は砂かソイルにしましょう。大磯砂では根を上手く張れません。
貝や魚は食べることは稀です。

お買い求め

(水草)スクリューバリスネリア(無農薬)(5株)
charm(チャーム)
¥1,140 (¥1,140 / 個)(2022/09/14 17:44時点)
タイトルとURLをコピーしました