オタマジャクシからカエルの水槽レイアウト例

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

水漏れの60㎝水槽を使用

水漏れしていた水槽をシリコンシーラントで補修して使用していたのですが、数カ月で水が染み出てきたのでカエルようにレイアウトしました。サイズは60㎝×30㎝×36㎝の規格水槽です。

左に陸上用のレンガと真ん中に流木。水草はウォーターマッシュルームとホテイアオイ。床材は園芸用の赤玉土です。

手前にある瓶にはバナナの皮が入っており、コバエを発生させて餌にしています。ただ、コバエは素早くてちびガエルでは食べれないようです。あまり意味はないかもと思い、後で撤去しました。

ヤマアカガエルのちび

ヤマアカガエルのちびガエル。1㎝くらい。3月に山の水たまりで捕まえました。

こちらは少ししっぽが残るシュレーゲルアオガエル。金色で可愛い。

変態したばかりのカエルのエサはどうしよう

オタマジャクシの時は餌は何でもよく食べるのですが、カエルになると餌が難しい。小さいからうまく虫を食べれない。例えば紅サシ(蛆虫)のような大きさでも彼らには大きい。ミルワームもまだ無理。

それこそ1mmくらいの大きさじゃないと食べれない。ゴマ粒より小さいくらいの虫が適していますが、水槽に入れても見つけてくれないことも多い。


この水槽では流木に都合よく白い虫が発生しており、カエル達が食べています。でもたくさん沸いているわけではないので、心配。
水槽内に餌がわく環境を作って、時々アブラムシクラスの虫を追加するという方法が現実的です。コバエをきっちり食べてくれればいいんですが、、、

お勧めのカエルの図鑑

年中お世話になるカエル図鑑。お勧めは「日本のカエル+サンショウウオ類 増補改訂 (山溪ハンディ図鑑) 」です。

サンショウウオとイモリも載ってます。もちろんオタマカタログもあります。

これもおすすめ。

タイトルとURLをコピーしました